Blog - BRASSIC 2018. 01. 27 12:01

今日は昨年から始めた音楽家プロジェクトMusilogueに関したお話。

Musilogueでは定期的にMusilogue Music Showcaseと題してMusilogueからリリースされる音楽を作っているミュージシャン達のLiveを開催しています。
昨年は都内では5回、そして秋には敦賀、京都、出雲、鞆の浦、岡山、神戸、高野山、大阪、名古屋でもこのLiveイベントを開催しました。

そんなLiveイベントの2018年第1回目が2月4日に中目黒の楽屋(rakuya)で開催されます!!
そしてこのブログのタイトルにあります『BRASSIC』、これが今回結成されたバンドの名前です。

BRASSICに参加しているミュージシャンは管楽器奏者6人とドラマー1人。
管楽器にはJazztronikの『BB1』でも活躍を見せた面々、Saxに栗原健・近藤淳也・高橋弥歩、トランペットに真砂陽地、トロンボーンに前田大輔、そしてスーザフォンに平木真由子が参加します。
そしてドラムには人気バンド「Cro-Magnon」より大竹重寿が参加しています。
実はJazztronikの隠れた名曲”Dust to Dust”を演奏してもらっているのが「Cro-Magnon」です!!

栗原健は現在「Jazztronik」や「Soil&Pimp Sessions」などをサポートし続ける一方、自身の活動にも力を入れています。そしてこのMusilogueでの動物シリーズの絵は全て彼によるものです。近藤淳也は管楽器3人組の「Fire Horns」で活動をしながら様々なアーティストのサポートをしています。高橋弥歩はMusilogue第3弾アルバム『秘色の雨』に参加する他自身の様々な活動を行なっています。トランペットの真砂陽地はファンクバンド「オーサカ=モノレール」に所属した経験を持ち、現在は様々な分野で活躍しています。前田大輔は日本が世界に誇るラテンバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の現メンバーとして大活躍中。平木真由子は女性としては珍しいスーザフォン奏者。スーザフォンというのは大型の低音金管楽器です。演奏者はこの重い大型楽器を袈裟懸け状に肩に乗せて演奏をします。今回のLiveでの一番注目株です。そしてドラムの大竹重寿は前述の通り人気バンド「Cro-Magnon」のメンバー。この6人によるFunkyでJazzyでnujazzなサウンドをお届けします。※今回のLiveには高橋弥歩は参加しません。

実は毎回このLiveイベントに合わせてアルバムも制作しています。
6作目の今回は全員が曲を持ち寄りリハーサルを重ね曲を完成させていくというスタイルで進めています。

タイトルは『Patina of Brassic』
今回はかなりfunkyなアルバムでめちゃくちゃカッコ良いです!!
Live会場では限定のレアなハンドメイド盤を販売しますので楽しみにしていてください。

今回も間違いなく素晴らしい内容のLiveになりますので皆さん是非いらしてください!!

Musilogue Music Showcase vol.6

『Brass and Beats』

18:00 OPEN

1st 19:30~20:30 2nd 21:00~22:00

前売り3500円(税込)/ 当日4000円(税込)/ 学生2000円(税込)

Sax 栗原健

Sax 近藤淳也

Trumpet 真砂陽地

Trombone 前田大輔

Sousaphone 平木真由子

Drums 大竹重寿(Cro-Magnon)

楽屋予約 http://rakuya.asia/cgi-bin/rakuya/shop/yoyakuorder.cgi?post_id=4387&session=0
チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1761329
Peatix http://mms6.peatix.com

Archive

Others

寝れない人への処方箋/ A Prescription

Boogie Soul

Blog Archive 一覧はこちら

過去の記事はこちら