Blog - Caprice 2018. 07. 02 08:07

Big band tour 2018 Summerが始まるということもあり、Jazztronikでの唯一のビッグバンドアルバム『BB1』の収録曲をみなさんに紹介していきます。

今回は2曲目に収録されています”Caprice”。
これは周りから様々な感想をもらいました。
「この曲があったからアルバムを買いました!」
という声もあれば
「この曲だけ飛ばして聞いてます。」
というものも(苦笑)。

この曲は世の中で言われるBig bandとは少し違ったタイプの曲です。
まして50年代、60年代のBig bandが好きな方にとってはこの曲は全くBig bandではないでしょう。
ただ、音楽というのは進化していきますからね。
この”Caprice”は僕がこの曲を作った2017年にBig bandでやりたかった事を全て詰め込んだ曲です。
2017年に作ったと言いましたが、実は”Caprice”の土台の1部はその昔”Dizzin'”というタイトルでインディーズ時代に作っていました。
その当時ではまだ僕のアレンジの技量も足りないし、周りにミュージシャンもそんなに沢山はいなかったというのもあり、今回のような完成系には至らず漠然としたイメージだけで終わってしまっていました。それならば違ったアプローチで、と思い”Dizzin”という曲を作りました。
当時”Dizzin'”は演奏が難しいこともありJazztronikに参加するミュージシャンには登竜門的な曲でした。

そして時が経ち、全ての条件が整い僕の創作意欲が爆発し完成したのがこの”Caprice”です。
長いし難しいし、僕もどんな心境状態で作ったのかよく覚えていません(笑)
レコーディング前に何度かリハーサルを行ったのですが、楽譜を見た瞬間ミュージシャン一同、
「え?これやるの?」
的な雰囲気で満ち溢れておりました(笑)。
しかしさすが皆さんプロミュージシャン、やれば出来るもんです。
何度かリハーサルを重ね曲の頭から最後まで初めて通せた際には拍手が起きました。

僕がこの曲で心がけたのは複雑なリズムの繰り返しからいかに綺麗にアンサンブルしたメロディーに繋いでいくかという事でした。
そこへ到達するまでに中々の時間をかけて曲が進んでいきます。
これは聞いている人にもそこに到達した際の感動を味わって欲しかったこともありますが、演奏者達にもそこへの到達感を自然と表現してもらいたかったという事があります。
中盤過ぎあたりにその箇所が出てきます。
ですので是非頭から最後まで聞いてもらいたい1曲です。

以下Big band tour詳細です。
————————————————————
Big Band Album “BB1” Live Tour

<横浜>
“Yokohama LANDMARK HALL Renewal Opening Live”
7月16日(月・祝) 横浜ランドマークホール
17:30開場/18:00開演

チケットはこちらから↓
http://w.pia.jp/t/yokohamalh/
問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999
http://www.sogotokyo.com
主催:Fm yokohama・SOGO TOKYO
企画・制作:SOGO TOKYO

九州エリア
<鹿児島>
7月17日(火) CAPARVOホール

<熊 本>
7月18日(水) ぺいあのPLUS’

<福 岡>
7月19日(木) FUKUOKA BEAT STATION

19:00開場/19:30開演
前売り4,500円/当日5,000円(税込/ドリンク代別/整理番号付/全自由)
問い合わせ:BEA 092-712-4221(http://www.bea-net.com)
主催:BEA・LOVE FM(福岡)/企画:Styrism Inc.

チケットはこちらから↓
http://www.bea-net.com/liveinformation/…/1807jazztronik.html
– member –
野崎良太(Piano)
Aisha(Vocal)
藤谷一郎(Bass)
波多江健(Drums)

Sax
渡辺ファイアー, 近藤淳也, 高橋弥歩, 永田昴生
Trumpet
寺内茂, 真砂陽地
Trombone
池田雅明, 前田大輔

ちなみに”Dizzin'”はこちらで聞けます。

Archive

Others

寝れない人への処方箋/ A Prescription

Boogie Soul

Blog Archive 一覧はこちら

過去の記事はこちら