Profile

Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プ ロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニ スト、作編曲家として確固たる地位を築いている。 ’’箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽’’に、3rdピアノソロアルバム「bird of passage」 の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベットタイムストーリー feat.YUKI」が抜擢された他、2011年1月に発売されたLEXUSのコンパクトハイブリ ットカー’’CT200h’’のナビゲーター’’世界でも活躍する新進気鋭の音楽家’’として WEB、雑誌広告等で大量露出される等、多方面からオファーが絶えない。

映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、 「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」等の映画、ドラマ音楽も数多 く担当し、クラシック、Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽 性は増々進化し続けている。
サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティス トとコラボレーションを重ねており、葉加瀬太郎、布袋寅泰、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペ ラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool等 ・・・例を挙げると枚挙に暇がない。
海外では12″シングル「Dance with me 12″ver/SAMURAI」がDanny Krivit, LouieVega 等の多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12inch Single「SAMURAI-侍」 がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。
世界一のダンスミ ュージックレーベルDefectedの大ヒットMix CDシリーズ「In The House」を日本人ア ーティストとして初リリースし、全世界のダンスミュージックファンを魅了。ロンド ン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、 エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポール等 でのイベントや、Southport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess等の海外人気 フェスにもDJ、Live Setで招聘され大好評を得た。

国内では、 ロングランパーティー”Jazztronica!!”をDJとして全国各地で開催する他にも演奏家、 作編曲家として音楽会’’The Fileds’’をスタートする等その活動は多岐に渡る。 アコースティック〜Big Band編成等スタイルを様々に変えるLive SetもJazztronikの大きな魅力の一つで、鹿児島白水館、長崎県美術館、金沢21世紀美術館、きんせ旅館等の文化施設〜赤坂BLITZ、Billboard Live、Blue Note等のライブハウスまで会場の幅も広い。

2013年に自身のレーベル七五三Recordsを立ち上げ「Jazztronik Studio Live Best」、 2014年に「Cinematic」をリリース、そして2016年はオリジナルフルアルバム「Keystone」(ワーナーミュージックジャパン)、過去の音源を自身がセルフリミックス、リアレンジ、リエディットしたアルバム「Private Edits」(ポニーキャニオン)をリリースした。