Blog - The Fields ~寝れない人への処方箋~ vol.29 2015. 04. 20 06:04

第29回目の放送での使用曲をメモします。
今回から何回かに渡り僕が非常に影響を受けた近代フランスの音楽を紹介していきたいと思います。
まず1回目は1900年までのドビュッシーとサティの曲の紹介です。

 

1曲目、サティで”Je Te Veux”。

roge

 

2曲目はドビュッシーで”Valse Romantique”。
そして同アルバムから、11曲目に”Suite Bergamasuque: 3. Claire De Lune”。

micheldebussy

 

3曲目はサティ”Prelude De La Porte Heroique Du Ciel”。
そして同アルバムから、9曲目に”Pieces Froides”。

yuji

 

 

4曲目、ドビュッシー”Prelude A L’Apres-Midi D’Un Faune”。
そして同アルバムから、7曲目に”Pour le piano”。

debussy

 

5曲目、ちょっとさわりだけ紹介しましたサティの”Vexations”。

jean

 

6曲目はドビュッシーで”Images Oubliees”。

jacques

 

8曲目、サティで”Caresse”。
そして同アルバムから、最後に”3 Gymnopedies – 1. Lent Et Douloureux”。

legrand

 

10曲目は、ドビュッシーで”Nocturnes”。

solti

 

12曲目はサティの”No. 3: Lente et grave”をドビュッシーがオーケストラアレンジしたものでした。

vest satie

Archive

Others

寝れない人への処方箋/ A Prescription

Boogie Soul

Blog Archive 一覧はこちら

過去の記事はこちら