Blog - 【寝れない人への処方箋/A Prescription】vol.2:Stravinsky,Joe Zawinul 2013. 05. 12 01:05

Stravinskyは学生の頃は実はあまりピンときてなかったんだけど20代半頃になってとてもハマった作曲家です。やはりどうしてもあの3つのバレエ音楽のイメージが強くて。決してそれが嫌いな訳じゃないし、むしろ今となってはとても好きなんですが。そんなこんなで色々とStravinskyの曲を聞いているうちに様々なタイプの曲に出会いました。その中でもこの曲はかわいらしく、でも不思議な異国感の漂う、そしてとってもStravinskyの色が出ている曲だと思っています。

Actually Stravinsky didn’t mean very much to me in my college days.But I have been enthusiastic for him since the later of my 20’s.He had made not only the three very well known music for the ballet but also good piano pieces.Among them,this piece is lovely,a bit exotic,and I can feel his touch from it very much.

5 Easy Pieces for Piano Four Hands “1. Andante”

 

お次はJoe Zawinulの”In A Silent Way” 。マイルス・デイヴィスのアルバム『In a Silent Way』に収録されているのは知られていますが、肝心のこの曲の作曲者Joe Zawinulのアルバムに収録されているこちらのヴァージョンは意外と知られていません。確かにマイルスのこのアルバムは僕も非常に好きですし、なんたって参加キーボーディスとがJoe Zawinul,Herbie Hancock,Chick Coreaという大好物なメンツ。しかし僕はこちらの方が好きです。宇宙サウンドです。

Unexpectedly unknown version of “In a Silent Way” by Joe Zawinul.The version of Miles davis which is included in the album “In a Silent Way” is very well known.Naturally I like Miles’s this album as my favorite keyboard players Joe Zawinul,Herbie Hancock,Chick Corea had joined in it.But I like Zawinul’s this version(he had recored it several times) better than Miles’s one.Fisrst of all,Joe Zawinul composed this tune! Feel the universe.

“In A Silent Way” by Joe Zawinul

 

コチラはマイルスのです。

This is the Miles’s one.

 

 

 

 

Archive

Others

寝れない人への処方箋/ A Prescription

Boogie Soul

Blog Archive 一覧はこちら

過去の記事はこちら